神奈川県で永代供養を利用してみよう

subpage1

神奈川県内で墓地や霊園を探すときには、永代供養ができるかどうかのチェックは欠かせません。

お墓は、親から子供、孫へと引き継がれていくことになりますが、子供がいないという夫婦になればこれから先は家のお墓の手入れをしてもらう人がいなくなってしまうことになります。しかし、永代供養であれば今後は墓地や霊園で管理をしてもらうことができるので安心して利用ができます。


神奈川県で永代供養ができるといっても、永久的にその場所のお墓の管理をお願いできるとは限りません。

神奈川の永代供養を知りたいならこちらです。

ある一定の期間を区切りとして合同供養にまとめられることになります。

口コミ評判の高いYahoo!知恵袋の情報を探すならこちらです。

その期間というのは、一般的には33回忌を区切りとしていることが多いのですが、17回忌で切り替えという施設もあります。

他にも、契約期間を選ぶことができるというシステムになっていれば、50回忌に設定することもできます。


契約期間が満了して合同供養となる場合には、他の人と同じお墓に入ることになります。


合同となる方式も墓地や霊園によって違い、骨壺ごと設置できる場合と骨壺から出さなければならないこともあります。
他の人の骨と混ざってしまった場合には、後から新しくお墓を作ったといっても取り出すことはできなくなります。

本当の安心な銀座の医療レーザー脱毛の情報サイトはこちらです。

合同供養のお墓のシンボルとしては、合同供養塔と呼ばれる大きな石の塔が建てられており、そこにお墓に入っている人の名前が刻まれることになります。

また、近年では神奈川県でも樹木葬による合同供養も増えてきています。


行事をもっと知る

subpage2

永代供養墓は、寺院や施設が永代にわたり供養、管理をしてくれます。神奈川で探すときは、注意点があります。...

more

関連情報!

subpage3

横浜をはじめ大都市周辺にも変化に富んだ風光明媚なエリアが広がり、海や山にも恵まれている神奈川県には緑豊かな霊園が点在、近年注目されている永代供養墓も景観の良さにこだわったものが多くなっています。通常の墓所区画に加え、新たに樹木葬区画を設けるところも急増、樹木や芝生、花などで綺麗に整備され、永代供養も謳う複合タイプの墓所も散見されるようになりました。...

more

皆が知りたい情報

subpage4

一般的な墓地になると、墓石の下に遺骨を埋葬するという方式になりますが、自然葬では人工的に作られた墓石の下に埋葬するのではなく、自然の流れの中にかえすことになります。世界中には様々な自然葬の形があり、遺体を風にさらして風化を待つという風葬であったり、鳥の餌となって天国まで羽ばたいて連れて行ってもらう意味を持つ鳥葬など、驚いてしまうような風習もあるのですが、日本では法律の範囲内で自然葬を行うのであれば水葬と樹木葬の2種類に絞られてきます。...

more

身になる知識

subpage5

神奈川県内で自然葬をしてみたいという場合には、海洋葬と樹木葬の二つの種類から選択をすることになります。世界中にはさまざまな自然葬があるのですが、日本では法律の範囲内で行うためにはこの二種類だけの方法になります。...

more