神奈川で利用する自然葬

subpage1

神奈川県内で自然葬をしてみたいという場合には、海洋葬と樹木葬の二つの種類から選択をすることになります。



世界中にはさまざまな自然葬があるのですが、日本では法律の範囲内で行うためにはこの二種類だけの方法になります。

日本経済新聞の情報をお知らせいたします。

神奈川県でも沿岸地域で生まれ育ったという人であったり、漁業関係の仕事をしていた人、釣りやサーフィンなどのマリンスポーツが趣味で海によく行っていたという故人であれば、海への散骨を行う海洋葬が向いています。


しかし、散骨をするためには火葬を行った後の骨をパウダー状に加工する必要があるので、火葬後ではありますが故人に痛い思いをさせることには抵抗があるという人も多いものです。



自然葬のうちでも樹木葬になれば、墓石の下ではなく樹木の下になっただけなので、骨を砕くこともありません。神奈川県内でも山間部によくある里山型の樹木葬霊園では、自然に囲まれた場所で故人に安らかに眠ってもらうことができます。けれども、自然が豊かな場所というのはその場所に行くまでにも時間がかかってしまうものです。

樹木葬は、山間部の樹木を利用したものだけではなく、植樹しても利用されています。


公園型の樹木葬墓地では、公園のような開けた場所に樹木が植えられているお墓であり、一般の墓地のように生活圏内に多くあります。
便利な場所なので行くにも不自由がなく、公園のような場所でもあるのでピクニックに行く気分で気軽にお墓参りに行くことができます。