神奈川県で自然葬をしてみよう

subpage1

一般的な墓地になると、墓石の下に遺骨を埋葬するという方式になりますが、自然葬では人工的に作られた墓石の下に埋葬するのではなく、自然の流れの中にかえすことになります。
世界中には様々な自然葬の形があり、遺体を風にさらして風化を待つという風葬であったり、鳥の餌となって天国まで羽ばたいて連れて行ってもらう意味を持つ鳥葬など、驚いてしまうような風習もあるのですが、日本では法律の範囲内で自然葬を行うのであれば水葬と樹木葬の2種類に絞られてきます。
水葬は、神奈川県でも沿岸で人気の自然葬であり、海に散骨することになります。



岸壁からの散骨になると、近所に住んでいる人や漁業関係者にも迷惑をかけることになるので、船で沖の方まで出てから海に撒くことになります。

しかし、火葬を行った後の遺骨を撒くことができるようなパウダー状に砕くことになるので、遺族の中には抵抗があるという人も多いものです。樹木葬であれば、墓石ではなく樹木の下に埋葬するという方法でもあるので、新しい自然葬という形が年配の人には受け入れにくいこともありますが、比較的安心して利用してもらうことができます。
神奈川県内でも山間部の方になると、大自然を生かした里山型の樹木葬墓地がたくさんありますが、お墓参りのことを考えて公園型も人気があります。

毎日新聞情報を利用してみませんか?

神奈川県でも横浜市や川崎市などの人口密集地にもお墓があり、公園のような作りなので気軽にいつでもお墓参りをすることができます。