神奈川の風景と調和する永代供養墓

subpage1

横浜をはじめ大都市周辺にも変化に富んだ風光明媚なエリアが広がり、海や山にも恵まれている神奈川県には緑豊かな霊園が点在、近年注目されている永代供養墓も景観の良さにこだわったものが多くなっています。

通常の墓所区画に加え、新たに樹木葬区画を設けるところも急増、樹木や芝生、花などで綺麗に整備され、永代供養も謳う複合タイプの墓所も散見されるようになりました。
神奈川でも年々人気が高まっている永代供養墓は、個人としての墓所は設けず合祀墓などに遺骨を納めて、後々の供養を寺院や霊園の管理者が行うといった形式を指します。

知って得する神奈川の永代供養墓なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

都市部で目立っているのは、ビル形式の霊堂のなかにロッカー風の納骨室があるタイプです。

樹木葬形式の永代供養墓は、郊外の緑が多いエリアに点在しています。
もともと樹木が多いながらも明るい印象の公園墓地が多かった神奈川では、樹木葬形式との親和性が高いだけに、都市部周辺でも、樹木葬との複合タイプの永代供養墓が選ばれやすくなっています。鎌倉一帯のように、観光の寺社巡りでも人気があるエリアでは、憧れの対象となっている墓苑もあります。

朝日新聞デジタルの優良サイトならこちらで見つかります。

終活ブームの到来で、事前に葬儀や墓所の準備をすることが、むしろ推奨されるようになってきています。景観の良さで有名な霊園などでは花の季節に下見に訪れる人も増え、積極的に見学ツアーを開催している霊園もあります。



桜が多い樹木葬区画から美しい富士山が眺められる霊園など、首都圏屈指の美観を誇る永代供養墓が多いエリアとなっています。